Music Forest
HOME > PROFILE > 林 啓太

Marimba 奏者 林 啓太

1982年 神奈川県で生まれ12歳から打楽器を始める。
2005年 洗足学園音楽大学を首席で卒業。同大学最優秀卒業生として学部長の推薦により日本で最も権威のある「第75回読売新人演奏会」に出演。
2008年 第21回打楽器協会主催新人演奏会にて最高位受賞。第15回日本クラッシック音楽コンクールにて最高位受賞。
2006年 Austria(Linz)で行われたInternational Marimba Competitionに於いてセミファイナリスト。
2007年 日本で最も著名な打楽器アンサンブルグループ「岡田知之打楽器合奏団」に推薦入団。2008年 自身の主宰するスティールパンバンド「PAN NOTE MAGIC」が、石原東京都知事より東京都公認ヘブンアーティストに認定される。2008年 韓国ソウルにて招待公演。
2010年 チェジュ島にて招待公演。韓国ソウルで行われた世界打楽器フェスティバルにて招待公演
2011年 台湾で開催された第7回世界打楽器フェスティバルにて招待公演。
2012年 PAN NOTE MAGICのドラマーとして、メジャーデビュー。
2012年 シンバルメーカーの老舗Zildjian Cymbalとエンドース契約。専属アーティストになる。
2013年 トリニダード&トバゴに渡り、40日の研鑽を積み、現地のスティールバンド「Skiiffle」のセクションリーダー(日本人初)として、世界最大のスティールパンコンテスト「パノラマ」に参加(7位入賞)。
2014年 再びトリニダード&トバゴで40日の研鑽を積み、カリビアンミュージックの知識を深める。
2016年 N響団友オーケストラのドラマーとして、太田裕美・庄野真代・渡辺真知子の歌手と共に、全国でのコンサートを開始(現在も継続中)
2017年 Canopus Drumのエンドーサーになる。
 
これまでの主な共演者はVocalの井上あずみ、太田裕美、木村弓、白鳥英美子(トワエモア)、白鳥マイカ、庄野真代、平原綾香、本名陽子、二階堂和美、渡辺真知子、Violinの大谷康子、Pianoの中川賢一、Saxの富岡和男、池上政人、平野公崇、DJのLUU(CSH4)、Bassの櫻井哲夫(元CASIOPEA)、Guitarの古川望、Percussionの斎藤ノブ、Steel PanのRay Holman、Anthony Guppy、NHK交響楽団団友オーケストラ、ダンスのUSA(EXILE)、等。
 
『Music Forest』のほか、『Steelpan Orchestra PAN NOTE MAGIC』を主宰し、世界での演奏や教育機関での芸術鑑賞会、日本テレビ「世界一のShow Time」や、BSジャパン「音楽の交差点」などを始めとするテレビ出演など、様々なミュージックシーンで活動。
 

使用楽器

Marimba(マリンバ)

Marimba マリンバ

YAMAHA YM-410D

 
Marimba(マリンバ)は木琴の仲間で紀元はアフリカにあると言われる。小学校で見かける木琴(Xylophone)とは異なり、木の温もりある音が特徴。Music Forestでは4octのMarimba(マリンバ)を伴奏・メロディーに使用。特にリフに使用することで、サウンドの特徴になっている。ホール公演やスペースの広いライブハウスでは5octの大型Marimba(マリンバ)を使用することもある。
 
 
 
 
 
 
 

Vibraphone (ヴィブラフォン)

Vibraphone ヴィブラフォン

Musser M55-GJ

 
Vibraphone(ヴィブラフォン)は鉄筋の仲間で1921年頃にアメリカの楽器メーカーである、ディーガン社が開発したとされる。小学校で見かける鉄筋(Glocken)と比べると、音程が低く音に深みがある。Music Forestでは3oct.のVibraphone(ヴィブラフォン)を伴奏・メロディー・ハモリなどに使用。
メロディーを取る場合は低い音域でメロディーを担当することでサウンドの特徴を作り出している。



メンバー

林 啓太林 啓太

林 啓太

Marimba
Vibraphone
Steelpan
津田 征吾津田 征吾

津田 征吾

Saxphone
Tin Whistle
Violin
佐藤 豊佐藤 豊

佐藤 豊

Guitar
辻 弘樹辻 弘樹

辻 弘樹

Bass
李 令貴李 令貴

李 令貴

Drum
Percussion